NEW!!

2019年上半期ベストコスメ」を発表!TOP10を選びました〜!

個人輸入の代行におすすめ!手数料の安い業者ランキング

初めての海外通販に!個人輸入におすすめの代行業者の特徴とは?

個人輸入をしたいけど日本に発送していないのか。代行業者はどこがいいのだろう?

海外から個人輸入する際に、さまざまな理由で制限がありますよね。

  • 日本への発送に未対応
  • 日本のカードが使えない
  • 英語が分からない
つみき
つみき

私の場合は日本への発送に未対応だったショップから化粧品を買いたくて、はじめて代行業者を利用しました。

そのときに気を付けて比較していたポイントは、「日本語が使えるか、到着までの期間はどれくらいか、梱包は丁寧か、手数料、カスタマーサービス、料金の透明性」です。

欲張りすぎでしょうか?(笑)

どうしても欲しいものだったので確実に受け取れる個人輸入代行業者を探したかったのです。

そこで私の経験も含めた、個人輸入におすすめの日本語だけで使える代行業者を紹介していきたいと思います

個人輸入代行にも種類がある!海外通販する前に知るべきこと

具体的な個人輸入代行業者の比較に行く前に、知っておきたいことがいくつあります。

まずは目を通して、個人輸入代行の概要をつかみましょう。

購入代行と発送代行の違い

個人輸入代行といっても、購入代行と発送代行の2種類があるのをご存知でしょうか?

それぞれ簡単に説明していきます。

購入代行

購入代行とは、ショップでの商品購入からすべてを業者に代行することです

いのしー
いのしー

全部おまかせできるから英語が分からなくても個人輸入できるしー!

つみき
つみき

全部やってくれるのはいいけど、その分手数料も高くなるよ!

発送代行

発送代行とは、日本への発送だけを代行することです転送とも呼ばれていますよね。

いのしー
いのしー

どこの住所に送ればいいだしか?

つみき
つみき

個人輸入代行業者が指定する住所に送ると、それを日本に送ってくれるよ!

購入代行とは違って、ショップから自分で購入しなければいけないので、すこしばかり英語での対応が必要になります。

個人輸入代行業者は購入代行と発送代行をどちらも提供していることがありますし、どちらかしか対応していないということもあります。

購入代行と発送代行でどちらのサービスを使いたいかを考えてから、個人輸入代行業者を選びたいですね!

手数料の種類

個人輸入代行業者のホームページを見ると、実に多くの手数料が存在することに気付くはずです。

そこで少しでも分かりやすくするために、どのような手数料があるのかを紹介していきます。

  • 商品代金
  • →商品購入価格

  • ショップから倉庫までの送料
  • →無料~25ドルが相場

  • 関税
  • →個人使用目的なら5%程度で16,666円以下であれば免税。

  • 転送手数料
  • →アメリカから日本に転送する際の手数料。個人輸入代行業者によって異なる。

  • 日本までの送料
  • →アメリカから日本に発送するための代金。運送業者によって異なる。

  • オプションサービス
  • →梱包を丁寧にしたり、写真付きの検品ができるサービスの手数料

  • 事務手数料
  • →細かい手数料をまとめて徴収する。個人輸入代行業者によって異なる。

  • 倉庫保管料
  • →数個の荷物をまとめて送る際、倉庫に置いておく期間に応じて支払う。

  • 購入代行料金
  • →購入代行をするときに発生する料金。購入金額によって変動する。

  • 保険料
  • →輸送時に破損などがあった場合に請求できる。運送会社や補償内容によって異なる。

ではこれらの知識を踏まえて、おすすめの個人輸入代行業者を紹介していきます!

5社を徹底比較調査!海外通販におすすめはどこ?

個人輸入代行は比較ポイントが多すぎて、なかなか決められませんよね。

そこでよく利用されている大手5社の個人輸入代行サービス海外通販好きの私が勝手に比較して、ランキングに致しました。

需要が高いであろう、

  • アメリカから輸入
  • 荷物は1つ
  • 重量は2キロ
  • サイズは30×30×30㎝
  • 金額は300ドル

として算出しております。
また比較を明快にするために、オプションやキャンペーンは無視して最安値を調査します

つみき
つみき

個人輸入代行業者からお金をもらっている訳ではないので、真実の比較ランキングを作りますよ~!!

1位 Spearnet(スピアネット)

私が初めて使ったのがスピアネットでした

その当時販売されていたカラーポップというコスメが欲しくて利用したのを覚えています。

スピアネットはすべて日本語で対応してくれるので、とても安心でした。

そんなスピアネットで個人輸入代行をするといくらくらいになるのでしょうか?

結果
  • 購入代行:$436
  • 転送代行:$346

購入代行が購入代金の30%ですので、今回の例でいくと90ドル。購入してもらうのに90ドルは少し高い気がしますね。

メリット

カスタマーサービスが充実している

デメリット

エックスボーダーのサイト内にあるものしか購入できない

スピアネットで個人輸入する

2位 Goopping(グッピング)

海外通販系のサイトで良くみかけるグッピングですが、料金体制の透明性と手順の分かりやすさは他個人輸入代行業者より群を抜いています。

とくに購入代行においては、海外サイトから欲しい商品を伝えるだけでよくて、全てグッピングにおまかせしておけばいいという簡単さ。

支払いもクレジットカードやペイパルだけではなくて、銀行振込も受け付けているのは嬉しいですよね。

そんなグッピングの手数料は以下の通りです。

結果
  • 購入代行:$402.18
  • 転送代行:$372.18
送料と転送手数料は日本円での表示でしたので、計算しやすくするために1ドル=100円で換算しております。

購入代行は商品購入総額の10%もしくは最低1,710円でとてもお得。スピアネットは90ドルですからね、安さに驚きます。

メリット

カスタマーサービスが充実している

料金体制に透明性がある

デメリット

今のところ見つからず

グッピングで個人輸入する

3位 Malltail(モールテール)

グーグル検索で上位に表示されるモールテールは、サイトがとても見やすくて信頼できますよね。

サービス内容を絵図で説明してくれるので、分かりやすくて透明性のある会社だなと思います。

残念なのが2017年4月14日で購入代行サービスを終了していること

やはり1人1人対応するのには収益性があがらなかったのでしょうか・・・。

結果
  • 購入代行:利用不可
  • 転送代行:$361.9

メリット

全部日本語だけで買い物ができる

カスタマーサービスが充実している

デメリット

購入代行ができない

モールテールで個人輸入する

4位 JISA.com

サイトの見栄えはよくないですが、口コミで評価が高いです。

値段設定にも透明性があり、とんでもない金額を請求されるということはありません。

結果
  • 購入代行:$396
  • 転送代行:$366

さすが、安さが売りのJISAさん。

ただしクレジットカードの決済だと購入額の5%が追加されるので、15ドルをプラスしましょう。

購入代行ならいいかもしれませんが、転送代行だと1位のスピアネットが勝りますね。

メリット

見積もりが可能

手数料の記載が明確で分かりやすい

デメリット

購入金額に応じて手数料が増加

クレジット決済に5%かかる

JISAで個人輸入する

5位 輸入代行USA

日本人女性が経営しているということで友人に聞いたのが輸入代行USAでした。

ウェブサイト上で顔が見えることで、個人輸入に不安を感じている方は随分安心感があるのではないでしょうか?

購入金額に応じて料金が変動するため、高額な個人輸入には向いていませんが、少額のものであれば輸入代行USAを使ってみるといいかもしれません。

結果
  • 購入代行:$474.3
  • 転送代行:$429.3

他社の個人輸入代行業者と比較しても、やはり手数料が高めですね

メリット

日本人女性が経営する安心感

デメリット

料金設定が分かりづらい

手数料が高い

輸入代行USAで個人輸入する

つみき
つみき

以上が個人輸入代行業者の比較ランキングでした。少しでもお役に立てれば幸いです!

続いて個人輸入代行の具体的な手順や、注意点をみていきます。

海外通販で注意しなければいけない関税と禁制品

ここまで個人輸入代行会社を紹介していきましたが、実際に利用する際には注意することがあります。

16,666円に抑えると免税

海外通販の関税はいくらかかるのか」という疑問を記事にしたこともありますが、関税は購入額を16,666円にすると免税です。

関税を支払うとしても購入額の5~10%程度なので、今回の場合は9ドル

そこまで大した出費ではありませんが知っておくとお得にお買い物ができますよね!

輸入できない輸入禁止・既製品目に注意

海外では販売されている者でも、日本では使用してはいけないものがあります。

税関のホームページに詳しく記載されていますし、各個人輸入代行評者のサイトにも表記があると思うので、そもそも輸入できるのかは必ず調べておきましょう。

まとめ~海外通販の手数料を安くする3つの方法

以上が個人輸入代行をする際の会社比較と手数料、注意点でした。

いのしー
いのしー

思ったより高くて驚いたしー

そんな方のために、個人輸入代行のほかに使える個人輸入の知識を紹介しましょう!

直輸入する

直輸入とは、個人輸入代行を利用せずにアメリカのショップから直接日本まで発送してもらう方法です。

仲介が入らないことで商品代金に加えて、送料と関税だけの支払いで済みます

英語で対応しなければならないというデメリットはありますが、「日本語だけで海外通販ができるサイト9選」でも紹介したように英語を使わなくてもいいショップがあります。

欲しいものが直輸入できるショップであるのなら、是非挑戦してみてください!

キャッシュバックサイトを利用する

私が推しに推しているキャッシュバックサイトのイーベイツ。

これまた英語にしか対応していないのですが、上手く使えば購入額の10%もキャッシュバックされます

個人輸入代行は総合してスピアネット・グッピング・モールテールが良いのかな、と思います

事前に問合せをするなど、対応のよさを見極めて楽しい個人輸入生活を引き続きお楽しみくださいませ!

個人輸入や輸入ビジネスをするなら絶対に使いたいキャッシュバックサイト。

購入金額3~20%が還元されるので、買えば買うほどお得になります!

詳細を見てみる